入会案内

「南信州アウトドア協議会」ご入会のお願い

長野県南部には、中央アルプス、南アルプスの2大アルプスや、御嶽山、乗鞍岳、八ヶ岳等を含む山岳地帯、諏訪湖を水源とする天竜川や木曽川の主要一級河川等アウトドア産業における自然環境に恵まれており、温泉施設なども豊富にあます。また、中央道や中央線などの主要交通網を有し、東海、中京および近畿、関東圏からも近い立地にあり観光産業には十分な環境を有しています。

しかし、県南部地域には多くの観光産業に関わる企業や団体があるものの、相互の連携が少なく観光客は一部に地域に集中し、観光客は余った時間を有効に活用できず、結果的に滞在時間が短くなる傾向がみられ、県北部に比べ宿泊が少なく、消費金額も少ないのが現状です。その対策として地域や企業が今まで以上に相互に効率よく連携する必要に迫られています。

異業種交流や地域と連携が進むことで、新たな観光資源の開発を行うことができ、その結果私たちが県南部において安定的にかつ継続的な活動ができるようになり、地域の活性化にも繋がります。

私たちは長野県の南部(諏訪~飯田、木曽)でアウトドア産業に携わる企業、団体および個人が、情報交換や各々の抱えている問題、課題を相談する中でどのように北部に対抗できる体制を県南部で築いていけるか7年ほど前から協議してまいりました。そして地域連携型の民間の協議会の設立が必要という結論に達し、一昨年11月から準備会議を重ね、20社を超える企業や団体、個人が発起人となり名称を「南信州アウトドア協議会」と定め、昨年協議会として発足いたしました。今年6月で一周年を迎え会員数も50社を超えるようになりました。

さらに、より効率的な誘客とお客様の信頼を獲得を目的に、リスクマネイジメントに関する学習会等を開催し、相互の安全意識や技術レベルの向上を図ると共に、マーケッティングリサーチや人材育成も行っております。

また、今後は既存の長野県アウトドア推進協議会や他団体とも連携し、南信州をアウトドア観光地としての知名度を高めるとともに、長野県全体としての観光産業の振興にも繋げる所存です。既に、県や地域からの事業委託や業務協力を行っております。

現在の会員構成はアウトドア企業に関わらず、観光協会様、飲食業、製造業、広告業、保険業、システム企業、農家、水産業、宿泊業等様々な異業種で構成されております。会員の所在地は辰野から飯田、木曽までとなっております。会員構成は正会員、賛助会員の2種あります。

協議会では業種別に事業部を設け事業部ごとに事業内容の整備や事業開発を行い、また、異業種間での新たな商品や事業開発、新たな販路の開拓等を行っております。事業費につきましては年会費、助成金、寄付その他で賄っております。

会員については本会規約で下記の通りとなりますが、会員を広く募集するため規約に関わらず、様々な産業から募集しております。規約は2018年度の総会で改定の予定です。ここで云う南信州は県南部を指しています。

【 会員 】
第4条)本会の会員は南信州においてアウトドア産業や観光産業等で活動する企業、団体もしくは個人で構成され、本会の目的を理解し賛同する者をもって会員とする。
2)本拠地が本活動範囲に無くても会員になれるものとする。
3)会員は正会員と、賛助会員で構成される。
4)正会員は、議決権を持ち、本会が行う事業に参加できる。
5)賛助会員は、議決権は持たず本会の情報を共有できる。
6)会員になるためには第10条に定める会費を納入する必要がある。

私たちと共に長野県南部を盛り上げていきたいという企業、団体個人の方を募集しております。是非私たちの活動にご賛同いただきご入会をご検討いただければ幸いです。

協議会の詳細や入会方法につきましては下記事務局へお問い合わせてください。

南信州アウトドア協議会 代表 木下啓
長野県駒ケ根市赤穂 759-700
アウトドアショップ K 内事務局 担当宮澤
TEL0265-98-9797  FAX0265-98-9575
E-mail info@odsk.jp

下記のPDFファイルの入会申込書をご利用ください。

ページ上部へ戻る